田舎暮らしの不動産物件探し〜古民家、土地、家を探す

田舎暮らし成功計画 物件、古民家、不動産

田舎暮らし不動産物件を探す方法をご紹介します。田舎暮らしを成功させるために、物件探しは納得できるものを見つけるまで慎重に検討したいもの。

住居や土地の物件購入は、多額のお金が動くので、田舎暮らしの大きな決断を下す重要なポイントとなります。

田舎の物件は、賃貸から新築物件、古民家まで幅広くあります。

田舎の物件は、田舎不動産専門の業者を通して購入する、賃貸物件、民間の賃貸物件などがあります。市町村の公営の賃貸物件などもあります。

なぜ田舎暮らしをしたいのか?田舎暮らしで何をやりたいのか?定住目的の田舎暮らしなのか、別荘として週末だけの田舎暮らしを楽しみたいのかで、田舎の不動産物件探しは違ってきます。

また、農業に就くとしても、新規就農として本職で行うのか、家族が食べる分だけの自給自足生活のためか、では物件探しも違ってきます。また農業でも稲作や畑作、酪農などの種類によっても土地の条件が変わってきます。

スポンサードリンク

不動産業者

不動産業者の扱う田舎不動産物件も様々で、全国各地の地方の物件を扱う業者、北海道、信州など一つの地方が得意な業者、特定の地域を扱う業者などがあります。

地元の役場

田舎暮らしの候補地が決まっている人は、その田舎の役場に直接問い合わせましょう。特に過疎地の役場では、親身に対応してくれる場合が多いです。

一戸建て住宅の購入を検討する

資金に問題が無いのなら、田舎物件専門の業者に問い合わせるか、田舎暮らしの情報誌や新聞広告をチェックします。その際はすぐに物件購入を決めずに、他の物件と比較することも必要です。

賃貸物件を検討する〜安いのは農家の古民家

田舎暮らし成功計画 物件、古民家、不動産

田舎暮らしを始めてすぐに一戸建ての物件を購入しない場合、資金が苦しい場合は、賃貸物件の利用を検討します。

その田舎が自分に合うか、田舎暮らしができるのかを試すために、まず住んでみて確認することもできます。

田舎暮らしで、資金をあまり必要としない方法は、農家の古民家などの空家物件を借りることです。

実際に田舎の古民家物件を借りている人もいますが、知人の紹介などの縁でも無い限り、農家の空いている古民家を借りることは難しく、情報もありません。

しかし、地方都市には賃貸物件が多くあります。アパートや貸家で、農家のどっしりした古民家ではありませんが、都会よりも家賃は安くすみます。

公営住宅を探す

住みたい田舎の市町村に公営住宅があるのか、現在利用は可能かなどを直接問い合わせましょう。各都道府県のUIターン相談窓口では、公営住宅情報や入居条件などの資料があります。

町営や村営の住宅、雇用促進住宅がありますが、住民であること、その地域に勤めていることなどが条件となります。まずは、その地域での仕事探しが必要になります。

中古物件、古民家

田舎の古い格安物件を購入して、自分でリフォームします。自分で家を手作りすることも、田舎暮らしの楽しみの一つ。全てを自分でリフォームしなくても、屋根などの一部を専門業者にまかせて、内装は自分でやる方法もあります。

しかし、古い物件を購入する際に注意したいのが、リフォーム代です。リフォーム代が、かえって新築物件より高くつくこともあります。見た目には分らない傷みもありますので、よく点検し、購入前にリフォーム代にいくらかかるのかを計算し、検討することが必要です。

田舎暮らし情報

田舎暮らしは正しい情報さえあれば、失敗する確率が低くなります。田舎暮らし実践者35人のノウハウを公開。ありそうで無い、達人の情報です。

田舎暮らしマニュアル紹介>>