田舎暮らしの仕事計画〜漁業

田舎暮らし成功計画 田舎の仕事・漁業

近年、漁業就労者は減少し、漁業お行う人たちの高年齢化も問題になっています。

最近では、Iターン、Uターン希望者の受け入れや、未経験者を採用することによって、若い人たちが漁師になることが増えています。

また、漁師でなくても、水産加工施設で働く方法もあります。

船員職業安定所や漁業就労業者確保育成センターでは、漁業を希望する人の確保・育成などを行っています。漁業協同組合などに問い合わせて相談してみましょう。

船員の給与は最低保証給と歩合で、水揚げ量で変動します。

スポンサードリンク

沿岸漁業

沿海漁業は、一般的には小規模な漁業で、漁場が日帰りできる場所にあります。養殖業、採貝なども含みます。

沿岸漁業の多くは家族労働の個人経営で、一般向けの求人募集はあまり行っていません。個人経営が主な沿岸漁業の仕事に就くには、まずは行きたい田舎の都道府県の漁業就業者確保育成センターへ問い合わせます。そして、漁業協同組合に船主を紹介してもらうことです。

独立して漁師になるには、漁業権や知事認可・届出を取得する必要があります。船主のもとで働き、経験を積んで、出漁日数を満たせば取得は可能です。

また、漁船の操縦や、無線の資格も必要です。漁船も購入しなければならないので、多額の資金も必要です。漁師で独立することは、非常に厳しいことといえます。

遠洋・沖合漁業

遠洋・沖合漁業は中・大型漁船での漁業を行います。遠洋漁業には、遠洋カツオ漁、マグロ漁などがあり、外国の規約を受けない公海が漁場です。マグロ漁では1年以上の航海になることも多いです。

沖合漁業は、多くは遠洋漁業・沿岸漁業を除く漁業のことです。漁場は沖合いで、漁獲量は漁業全体の中でも半分で、一番多い漁業です。

遠洋・沖合漁業の乗組員になるには、希望する地域の船員職業安定所、漁船員斡旋所の求人募集を探します。地域が決まっていない人は、沖合・遠洋漁業就労者確保育成センターに資料請求をしてみましょう。

スポンサードリンク