田舎暮らしの仕事計画〜農業

田舎暮らし成功計画 新規就農 農業

田舎暮らしの大きな魅力に、土との触れ合いがあります。自分の手で作物を作り、大地の恵みを収穫し、味わうことです。

田舎暮らし新規就農(新しく農業を始めた人)でない、他の職業に就いた人でも自分で農作物を育てて食べている人はたくさんいます。農業田舎暮らしには欠かせません。

農業には、稲作、野菜、果樹、花など様々な作目があります。栽培方法も、農薬を使用する通常栽培、化学肥料を使わない有機栽培などがあります。

まずは、どこで何を作るか、どのようなスタンスで農業をするか〜自営で農業を行う新規就農か、農業法人に就職して農業経営者のもとに就職するのか〜を決めましょう。

スポンサードリンク

新規就農

新規就農とは、自営で農業をすることです。自営で農業を始めるには、農地や機械の購入、技術・知識の修得が必要となるので、十分な準備と計画をしなければなりません。

農業で生活が安定するまでに3〜5年、新規就農の際に準備した資金は平均1200万円という調査結果が出ています。(全国新規就農ガイドセンターによる

農業で安定した生活を送るまでは、貯金や農業以外の収入で賄っている場合が多いようです。

多くの自治体では新規就農者対象に研修制度を実施しており、農家に滞在して実際に農業を行い、知識と技術を得られ、研修修了後に資金の貸付や、補助を受けられる支援体制があります。自分の希望する市町村に相談してみましょう。

農業法人に就職する

田舎暮らし成功計画 新規就農 農業

農業経営者のもとへの就農は、農地や農作機械の購入の必要が無いので、自営農業よりも少ない資金で始められます。

農業法人に就職してから、生活を安定させ、将来自営農業に独立する人もいます。

農業法人への就職は、東京・大阪で開催される合同会社説明会に参加したり、求人情報誌やインターネットの就職情報サイトなどで情報が手に入ります。

実際に就農する前に、研修に参加してみましょう。仕事内容はほとんどが農作業全般になります。給与は、就職先によりますが、地元の役場や農協水準が目安となる場合が多いです。

 

 

スポンサードリンク