田舎暮らしの人間関係〜田舎の付き合い、慣習

田舎暮らし成功計画 田舎の付き合い、慣習

田舎暮らしで不安なことは、就職・仕事に次いで田舎での人間関係や慣習である結果が出ています。

田舎暮らしでうまく地域住民とやっていけるか、田舎の冠婚葬祭などの行事、風習になじめるのかを不安に思う人は多いのです。

実際に、新しく田舎暮らしを開始した人たちに、最初に大変だったことを聞くと、皆さん「人付き合い」というようです。

スポンサードリンク

長年の都会暮らしから別世界の田舎暮らしをすれば、確かにすぐに馴染むことは簡単なことでは無いでしょう。

しかし、田舎といっても、地域差や個人の感じ方もあるので、一概にどこの田舎がどうだとは言えません。逆から見て、田舎の人から見れば、都会の人のことがよく分らない、ということになるかもしれません。

私の田舎にも数家族が引っ越して来ていましたが、地域住民と溶け込んで、うまくやっていたように思います。一つの家族は都会から来た移住者で、喫茶店を経営していました。息子が私と同学年でしたが、長髪の標準語で「都会の子」という印象でした。彼の全てが物珍しかったですね。しかし、すぐに馴染んで友達になりました。

案外、子供の方が早く田舎に溶け込むことができるのかもしれませんね。

田舎暮らしでの地域住民との付き合いについて考えましょう。

地域になじむためにできること、心得

田舎暮らしをスタートして、現地になじむために出来ることには、地域活動があります。田舎での地域活動には、自治会活動、消防団、青年団などの担当、冠婚葬祭の手伝い、公民館や神社などの掃除、などがあります。

管理人の田舎では村の集まりのことを「寄り合い」と言っています。参加したことはありませんが、公民館に青年が集まる会合で、一定の年齢(社会人になって数年後)になったら出席せねばなりません。新年会などもあります。青年団は働き盛りの青年が中心で、消防団も兼ねていました。

子供は「子ども会」、お年寄りは「老人会」になります。

まずは、無理をせず、自分ができる範囲で参加しましょう。

都会、田舎の違いはあれど、基本的には人と人との付き合いです。田舎暮らしをしようが、都市間で移動しようが、どこに移っても多少の慣習の違いや地域差はあるものです。

人付き合いを気にせず、静かな生活を求めて田舎暮らしをする人もいるでしょう。それもそれで一つのライフスタイルです。実際、村の行事などに一切参加しない人もいますし、積極的にやる人たちもいます。

しかし、田舎では、自然災害時など、いつ誰かに助けてもらわないといけないことが起こるか分りません。地域とうまく協調することは、快適な生活のためにも重要です。

田舎暮らしを始める前からあれこれ気にしすぎず、地域の人たちと良い関係を築けるように自然体でいきましょう。

田舎暮らし情報一覧

35人の田舎暮らし実践者が、総計100万時間以上かけて、実践して築いた田舎暮らしのノウハウは、移住希望者を最短距離で田舎暮らしの成功に導きます。

田舎暮らし、新規就農マニュアル紹介ページ>>