田舎暮らしを応援する地方自治体

田舎暮らし成功計画 新規就農など地方自治体の政策

田舎暮らし希望者の移住先としては、北海道信州に人気が集まっています。北海道は自然の宝庫で、信州は関東や関西から交通至便なことろが理由のひとつになっています。

北海道では、自治体と市民グループが積極的に田舎暮らし希望者を受け入れており、信州では各自治体独自の定住促進策を進めていて、自治体が企業に就職に関しての協力を求めています。

信州の田舎不動産物件では、別荘地農家農地などがあります。特に多いのが、週末を利用して都会から訪れることが可能な別荘地の物件です。

他にも、長野県の自治体が分譲している不動産物件田舎暮らし移住者用の区間もあります。自治体から不動産物件情報を得たい人は、こまめに問い合わせましょう。思わぬ良い物件が見つけられることがあります。

スポンサードリンク

定住促進制度

多くの自治体が定住促進制度を取り入れています。定住促進制度とは、住宅建築の補助金や低金利の融資、移住助成金、出産祝い金、結婚祝い金制度などがあります。特に、過疎指定地区では力を入れているところが多く見られます。田舎暮らしをしたい移住者のみの政策ではなく、過疎化のための施策でもあります。

定住促進制度は、補助金制度の他には、自治体が分譲している不動産物件の斡旋があります。公営住宅や廃校跡の教員住宅に空きがあったら、紹介してもらえる場合があります。

自治体の受け入れ態勢をもっと考えるなら、例えば病院、学校などの充実度、税金、ゴミや除雪への対応、介護保険などです。介護保険に関しては、田舎は人口が少ないために高齢者比率が高くなります。そのため、介護保険料は高くなります。

スポンサードリンク